遠隔ヒーリングについて

 
遠隔ヒーリングについて
 
2013年10月、遠隔ヒーリングを正式にスタートしました。
それから5年経った今では、何の戸惑いもなく、何の疑問もなく、当たり前のこととしてやっています。

それこそ、対面と遠隔の違いすら全く意識していません。

目の前にクライアントさんが居ても、遠くカナダに居ても、
全く同じようにヒーリングしています。
 
 
でも、初めて受けようと思う人にとっては
「何それ?」
「実際に会ってもないし、見てもないし、触れてもないのに、私の何がわかるの?」
といった感じかも知れませんね。
 
ましてや、
「傷や感情や間違った信じ込みを癒して、本質の光に繋がって満たされて幸せになるなんて、離れていて本当にできるの???」
 といった感じかもしれませんね。
 
それに、これまでの遠隔ヒーリングでは、電話かSkypeの音声のみでしたから、余計、不安だったかもしれませんね。
 
 
 
 
 
でも、私にとっては、ハートのシンクロニシティでクライアントさんと直接繋がって、エネルギーを感じてヒーリングするので、クライアントさんの様子を肉体の目で確認する必要すらありません。
 
ましてや、ヒーリングしたいことについて話していただいた後は、会話すら必要ありません。
 
一旦エネルギーで繋がれば、まるで自分がクライアントさんになったかのように傷や感情や間違った信じ込みといったエネルギーを感じ、癒し、解放することができます。
 
 
 
 
 
実際、 遠隔ヒーリングを始めた頃は、始めに電話やSkypeで繋がって、ヒーリングしたいことについて話していただいた後、一旦通話を終了していました。
そして、クライアントさんはご自宅で、ただくつろいで横になっていただき、1人黙々とヒーリングしていました。
 
その後、ヒーリングが終わってから、再び電話かSkypeで繋がって、どんなものを癒したのかを簡単にお伝えしていました。
そして、どのように感じたのかの感想を聴かせていただいていました。
 
 
 
 
 
当時はまだ、対面ヒーリングでも、どこにどんな傷や感情があるかというようなことは、あまり説明して居ませんでした。
正直、「何言ってるの?みたいに思われたらどうしよう」というような気持ちもありました。
 
 
 
 
しかし、2011年3月の卒業以来、毎月参加し続けていたインターンクラス(サトルボディヒーリングのトレーニングの卒業生のためのクラス)で、遠隔ヒーリングを深める中で自信がついてきました。
 
結果、自然と対面ヒーリングでも遠隔ヒーリングでも、どこにどんな傷や感情があるかというようなことを説明するようになりました。
 
なぜなら、その方がクライアントさん自身が、自分でも自分のエネルギーに気づけるようになり、一緒に癒すことができるようになり、結果的に効果的なヒーリングとなるからです。
 
 
 
 
 
トランスミッション
 
なぜ生まれて初めてヒーリングを受けるクライアントさんでも、自分でエネルギーを感じることができるかというと、実は、感じることができるようにトランスミッション(伝達)で、クライアントさんの感覚を内側に開いているからです。
結果、初めての人でも自分でエネルギーを感じることができるようになります。
 
 
分かりやすく言うと、
自分の中に在る音叉を鳴らすと、クライアントさんの中に眠っていた音叉も鳴り始めるようなものです。
そして、クライアントさんが一旦目覚めたら、1人になってもそれは失われることなく鳴り続けます。
なので、初めての人でも、自分で自分のエネルギーを感じれるようになります。
 
 
すると、とても効果的なヒーリングが起こります。
大抵の場合、クライアントさん自身が、抑え込まれ忘れられていたエネルギーに気づくだけてヒーリングが始まります。
これが意識の進化に於いてとっても大切なことなのです。
 
 
これなくして、次から次へといろんなエネルギーをヒーリングしても、その時は軽くなってスッキリしても、2週間も経つと元に戻ってしまいます。
実際、ヒーリングなんてそんなもの、と思っていましたというクライアントさんもよくいらっしゃいます。
でも、ここでのヒーリングは違って、元に戻らないことに喜ばれています。
 
 
さらに、自分のエネルギーを感じることができないと、クライアントさんの気づきは深まらず、受容性も育たず、いつまでも何かある度にヒーラーに頼り続けなくてはならなくなります。
 
実際、残念なことに、サトルボディヒーリングのプラクティショナー(ヒーラー)の中にも、そのようにしてクライアントさんがヒーラーに依存し続けるようにしている人もいます。
 
 
 
 
しかし、私は、そのようなやり方では楽しくないのです。
 
私は、クライアントさんと一緒に意識の進化の旅をご一緒して、癒しても癒してもキリがない次元を超えた本来の自己へとご案内したいのです。
なぜなら、私たちは、無限なる意識(光)が体を通して現れたものなのですから。
そして、ヒーリングとは、その無限なる意識(光)へと戻っていくためのものなのですから。
 
 
そして、感情やブロックを感じれるようになると、
本当の自分とは何なのかも感じれるようになります。
なので、この在り方でヒーリングすると、
たった二度のヒーリングでも、
すべてと一体である本来の自己へと戻ることも起こります。
 
 
 
 
 
最近は、BASE CAMP #23というFacebookの無料オンラインサロンのイベントで出会った人たちのために、Zoomを使ったビデオ通話も解禁しました。
それはシンプルに、受けてもらう方に今の私を観てもらう事で、安心してくつろいでセッションを受けることができると感じたからです。
もちろん、映像無しで音声だけで受けたい方には、これまで通り対応しています。
 
 
 
 
 
遠隔ヒーリングの始まりについて
 
ここでちょっと、遠隔ヒーリングの始まりを振り返ってみようと思います。
 
サトルボディヒーリングのトレーニングを卒業した2011年3月は、まだ遠隔ヒーリングはできませんでした。
なぜなら、2年間のサトルボディヒーリングのトレーニングには、遠隔ヒーリングは含まれていないからです。
 
単にハートから下のチャクラのエネルギーをヒーリングするだけではないから、遠隔ヒーリングを体験する時間はないのです。
 
カルマ(過去生からのエネルギー)をヒーリングできるようにトレーニングしたり、
メンタルプログラム(自分自身や人や社会に対する間違った信じ込みや、自動的に行動してしまうプログラム)といったものを解放したり、
他のヒーリングでは扱っていないようなものもヒーリングできるようにトレーニングするからです。
 
なので、2年間のトレーニングを卒業しても、遠隔ヒーリングはできるようにはなりません。
 
 
 
 
 
しかし、幸運なことに、私が卒業して直ぐ、2011年4月から始まったインターンクラス(卒業生のためのクラス)のテーマは、遠隔ヒーリングでした。
 
その中で講師のガイドで、遠く離れたところにいる参加者の一人のエネルギーを、
まるでその人が目の前にいて、直接手で触れてるかのように、まるでその人になったかのように感じることができ、ヒーリングすることができたのでした。
それはは驚きでした。
 
 
そして、クラスのあと、参加者の何人かとお互いに遠隔ヒーリングをしあって練習をした時も、同じように相手のエネルギーを感じ、ヒーリングすることができました。
 
そして、自分が受けるときも、まるで目の前に相手がいてヒーリングしてもらってるような体感と効果を感じました。
 
 
 
 
 
でも、遠隔ヒーリングを正式なセッションとして提供する気にはなれませんでした。
 
なぜなら、トレーニングを卒業した人同士なら体感できても、一般の人には何も感じられないかも知れないと言う不安があったからでした。
だから、遠隔ヒーリングを始めても、誰も申し込む人もいないだろう。
そんな風に思っていました。
 
何より「セッションは対面だ。」という思い込みも強くありました。
 
 
 
 
 
そして2年の時が流れた2013年8月、転機が訪れました。
何と、長崎の人が対面でサトルボディヒーリングを受けに来てくれたのでした。
ご実家が横須賀にあり、帰省したついでに青梅まで来てくれたのでした。
 
 
セッション後、効果を体感してくれたその方に、
「実は今、長崎に住んでいるんですが、遠隔ヒーリングはやってますか?」
と訊かれたのでした。
 
その時、セッションとして提供する自信が無かったので、
「今はまだやってないんです。」
と、言葉を濁してしまいました。
 
 
 
 
 
2ヶ月が経ち秋が深まる頃、その方からメールが来ました。
そのメールには、
「実はあの後、遠隔ヒーリングをやっている別の人のヒーリングを受けたのですが、どうも効果を体感できないのです。
遠隔ヒーリングをやってもらえませんか?」
と、書いてありました。
 
 
 
 
そのメールを受け、
「わかりました。少しお時間をいただけますか?」
と返信しました。
 
 
その後、卒業して直ぐの遠隔ヒーリングのトレーニングの録音を使って、今の彼女にモデルになってもらい練習しました。
すると、自分としてもしっかりとした手応えを感じ、彼女もその効果を体感していました。
 
その後、何回か練習した後、長崎のクライアントさんに正式に遠隔ヒーリングを提供しました。
 
 
 
 
当時はまだ駆け出しだったので、初めに電話でヒーリングしてもらいたいことについて話してもらい、簡単にエネルギーをリーディングしたあと、一旦電話を切ってヒーリングしていました。
そして、終わった後再び電話して、どんな感じだったかを伝えて、感想を聴いていました。
 
そして、クライアントさんも効果を体感していたので、正式にメニューに載せるようになりました。
 
 
 
 
その後、ふたを開けてみたら、対面よりも遠隔の方が遥かに多くのクライアントさんにセッションさせていただくようになっていました。
 
青梅にいたまま、北は北海道から、南は長崎まで、
中には都内にお住まいの方が仕事と子育てで忙しい中、青梅まで通う時間はないからと、遠隔で受けてくれたりもしました。
 
そういう意味でも、本当にクライアントさんに恵まれ育まれて来ています。
ありがとうございます。
 
 
 
遠隔ヒーリングについて、
ちょっと変わった切り口からも書いてみました。
こちらの記事も合わせてどうぞ。
もう5年も前。
今となっては、過去生の過去生のそのまた過去生くらい前の話です。

当時の記事もまた面白いかもしれません。

 

 

 

 

  

 

日常の中の気づきや変化は、Facebookにアップしています。

ぜひ、お友達になってください。

 

 

 

サトルボディヒーリング

あなたの魂を覆い隠している傷や感情や間違った信じ込みを癒し、

あなたが本当に望む人生を創造することを強力にサポートします。

実際のセションの様子は、こちらの記事をご覧ください。

感想は、こちらをご覧ください。

詳しくは、こちらへどうぞ。

お申込はこちら

 

 

 

ハート瞑想

ハートに繋がり、感覚を内側に開き、

簡単なものは自分でも癒せるようにサポートします。

感想は、こちらをご覧ください。

詳しくは、こちらへどうぞ。

お申込はこちら

 

 

現実は、あなたのエネルギーで作られています。

あなたのエネルギーが変われば、現実も変わります。

それは、映写機の中のフィルムが変われば、

スクリーンに映し出された映像も変わるくらい、

シンプルで簡単なことです。

 

 

あなたも感情や間違った信じ込みを癒し、

もっと楽に軽やかに楽しく自由に

人生を楽しんでみませんか?

 

 

 

初めての方へメニュー ●お客様の感想 ●お客様の質問 ●ご予約・お問合わせ ●プロフィール

 

 

 

全世界対応(電話/Skype/Zoom)

ヒーリングサロン ディヴァイン・ロータス
長崎県大村市
mail devaambho@hotmail.com  
tell 090-5768-7524   

(↑携帯でご覧の方は、クリックで電話をかけることが出来ます。)

 

 

サトルボディヒーリングはこれまで、

カナダ、北海道、岩手、仙台、水戸、鹿島、神栖、常総、松戸、流山、野田、木更津、大宮、川越、栃木市、江戸川、台東、練馬、港区、品川、目黒、世田谷、杉並、三鷹、武蔵野、調布、府中、狛江、多摩、東村山、国立、立川、福生、羽村、小作、河辺、青梅、日ノ出町、名栗、青葉台、町田、横浜、川崎、相模原、鎌倉、長野、名古屋、京都、大阪、神戸、兵庫、宝塚、三重、岡山、松江、高知、今治、福岡、大宰府、長崎、佐世保、

などにお住まいの方たちに受けていただいております。