プロフィール

 

Deva Ambho(デヴァ アンボー)とは、2001年2月にインドにあるOSHOの瞑想センターでもらった名前です。深く瞑想した後、「この内なる魂の道を進む」という覚悟でもらった名前です。意味は、divine lotus(神聖 蓮)です。以来、この名前が私の魂の名前であり、本名です。 

 

2007年1月、精神的な危機に追い込まれ氣が変になった後、「私は誰か?」と内側深く瞑想する真我探求で、内側深くに平安・静けさ・安らぎという失われることのないものが在ることを発見し救われました。 

 

その後、激しい怒りや恐怖で大変になり、体が壊れ死にかけました。
そして、サトルボディヒーリングに出会い、自分自身を癒し続けることで復活しました。 

 自分自身を癒し続ける中で、「自分とは何なのか?」「現実とはどのように創られているのか?」が明かされていきました。 

 

その後、どのようにして本当に望む人生を創造することができるのかを体験しました。

 

さらに、対象に氣づいている意識に氣づいていることを続ける中で、瞑想とヒーリング(氣づきと愛)がひとつに統合されました。 

 

これらの体験をもとに、出会う人たちが過去から自由になり、本来の自己に目覚め、本当に望む人生を創造することができるようにサポートしています。

 

 

 

私にとって最大の喜びは、出会う人たちが過去から自由になり、魂の光が体を通して輝き出すのを観させていただくことです。

そして、出会う人たちの人生が、より楽しく、より充実し、より幸せになっていくことです。

そして、一人一人が本来の光で輝きだすとき、この星はどんなに美しくなるのだろう・・・ 

その美しさにほんの少しでも貢献できたなら、

と思うのです。

 

 

 

【伝えたいメッセージ】

人生に現れるすべての悩みすべての問題は、本当のあなたを発見するためのチャンスです。

どんなものが浮かび上がってきても大丈夫です。

本当のあなたは、そのすべてを超えた無限なる意識(光)なのですから。

あなたの中には、実現したいビジョンがあり、それを実現するためのたくさんの本質が在り、本質を表現し分かち合うためのたくさんの強み・長所・才能や天賦の才が在ります。

ただそれらを発見し、繋がり、育めばいいのです。

 

 

 

 1967年12月16日生まれ。

 幼い頃より生き辛さを抱え、父親との折り合いが悪く、15才の時に受けた陸上自衛隊少年工科学校の試験に合格したことを期に上京。

 

18才の時、唯一の夢であり希望だった戦闘機乗りになるための試験を受ける。3次試験まで進み、練習機に搭乗しての実技試験で、恐怖に負けて夢破れる。20歳の時、恐怖を克服しようと始めたジムでのウェイトトレーニングがきっかけで精神世界に導かれる。ビジョン心理学、ブレスワーク、スウェットロッジ、ライトボディの覚醒化等を経験。

 

30代前半、ボディーワークを受けに行ったことでOSHOの世界に導かれる。リバランシング・クラニオセイクラル・リフレクソロジーをミックスしたセッションで、寝てるでもなく起きているでもない不思議なスペースに感銘を受け、このスペースで生きて行きたいと隔週でセッションに通う。

 

 後に、OSHOクンダリーニ瞑想・OSHOダイナミック瞑想等を行う瞑想会に参加し続ける。後に、タントラ瞑想会、コーディペンデンシー、ファミリーコンステレーション、クリスタルワーク等を経験する。

 

2007年1月、合宿のグループ中、トラウマに追体験させられたまま追放され気が変になる。

 国立にあるニューエイジショップで、ラマナ・マハルシの「あるがままに」という本に呼ばれ、パッと開いたページに書かれていた「苦しみの原因は、思考と感情との同一化である。」という言葉に救いを見出し、「私は誰か?」と内側深く問続ける真我探究に真剣に取り組む。内側深くに平安・静けさ・安らぎという失われることのないものが在ることを発見し救われる。そして、自分が世界の中を動いているのではなく、自分の中を世界が動いているのだ、と感じる。

 

 2007年の暮れ頃より、激しい怒りや恐怖を感じさせられる出来事が次から次へと起こり、内なる平和・静けさ・安らぎと現実・激しい怒りや恐怖、そのどれが現実なのかが分からなくなる。

 

2008年8月31日、体が壊れる。普通に食べていてもどんどん痩せていく中、日に日に衰弱する体を引きずるようにして、身体的なことエネルギー的なことの両方の答を求め様々なところへ行く。

 

2008年12月、「この体はもうすぐ死ぬのか、ならばそれも観ていよう。」そう覚悟した日にサトルボディヒーリングに出会う。、「自分の本質を生きる、それこそがやりたいことだ。それが出来るのならもう一度生きたい!!」と感じ、もう一度生きることを決意。以後、隔週でセッションに通う。

 

2009年7月、サトルボディヒーリングのトレーニングに入る。日々自分を癒し続ける中で、「自分とは何なのか?」「現実とはどのように創られているのか?」が明かされていく。人生に現れるくる苦しみをもたらす出来事は、本来の自己を発見するためのチャンスだということを発見する。苦しみの原因に気づき、受け入れ、変容したなら、本来の自己に近づき、より楽しく、より充実し、より幸せな人生を生きることができることを知る。そして、自分を癒せるようになることで人も癒せるようになった時、「自分と同じように苦しんでいる人のサポートをしたい。」との思いが強まる。

 

2011年3月、震災中にもかかわらず無事トレーニングを修了し、プラクティショナーとなり本格的に活動開始。

 

 

 

以後もインターンクラス、トレーニングの再受講、第5チャクラを開く・第7チャクラ・ワンネス等のアドバンスクラス等に参加し深め続けている。

サトルボディヒーリングのセッションを提供しながら、クライアントが自分でも癒せるようにサポートも提供。

 

20011年、エッセンシャルライフの3つのパートを修了。

 

2012年7月よりエッセンシャルライフ・コンサルティング・トレーニングに参加。本当に望む人生を創造するプロセスにガイドする経験を深める。2014年3月トレーニングを修了し、エッセンシャルライフ・コンサルティングのプラクティショナーとなり、活動開始。

 

 
  2014年1月、クライアントが自分でも癒せるようにサポートするために、ハート瞑想ティーチャートレーニングに参加。2014年11月修了。ハート瞑想ティーチャーとなる。

 

 

 2015年3月、人々がチャクラを感じることができるようになり、自分でもチャクラを開きバランスし統合し、喜びに満ちた人生を生きることができるようにさぽーとするために、チャクライベント・ティーチャートレーニングに参加。現在もトレーニング中。

 

 

 



ヒーリングサロン ディヴァイン・ロータス
東京都青梅市

Skypeや電話で全国対応
mail devaambho@hotmail.com
tell 090-5768-7524  
(↑携帯でご覧の方は、クリックで電話をかけることが出来ます。)
 
 
 

北海道、岩手、仙台、水戸、鹿島、神栖、常総、松戸、流山、野田、大宮、川越、栃木、江戸川、台東、練馬、港区、目黒、世田谷、杉並、品川、三鷹、武蔵野、調布、府中、狛江、多摩、東村山、国立、立川、福生、羽村、小作、河辺、青梅、日ノ出町、青葉台、町田、横浜、川崎、相模原、鎌倉、長野、名古屋、京都、大阪、神戸、兵庫、宝塚、三重、福岡、大宰府、長崎などの方に受けていただいています。