初めての方へ

 

私たちは、光を携えてこの星にやって来ました。

 
その光を生き、表現し分かち合うことで、みんなの中にも光があることを思い出すことを助けるために来ました。
 
そして、その光の輪が拡がることで人類の意識が進化することを助け、この星を本来の美しい星にするためにやって来ました。
 
 
 
 
 

 
しかし、私たちは、転生を繰り返す内に、感情と思い込みを蓄積してしまいました。
 
結果、感情と思い込みに覆われてしまい、本当の自分を忘れてしまいました。
 
そして、何のためにこの星にやって来たのかも忘れてしまいました。
 
 
 
 
 

 
ここでは、感情を癒し、思い込みを解放し、本当の自分に戻ることをサポートしています。
 
そして、本当の自分(光・愛)を思いだし、満たされて幸せな本来の自己に戻ることをサポートしています。
 
さらに、本当にやりたいこと(この星にやって来た目的)を思いだし、それを生きることをサポートしています。
 
 
 
 
 

 
今、私たちは、ハートの奥に隠された本当の自分が現れようとしています。
 
そして、顕在意識では、本当にやりたいことを思い出したい、或いは何かを表現したいのだけどそれが何か分からない、というような状態になっている人が多いです。
 
そして、本当の自分を思い出してそれを生きたい!、と思いながらも、同時に恐怖や恐れを感じ、戸惑っている人も多くいます。
 
 
そして、どちらが本当の気持ちかわからなくなり、動けなくなっている人も多くいます。
 
 
 
 
 

 
それは、エネルギー的に観たら、こんな感じです。
 
ハートの奥深くでは、本当の自分が現れようとしています。
 
しかし、表面では感情や思い込みが、本当の自分を生きることを何とかして止めようとしています。
 
 
 
 
 
 
なぜこのようなことが起こっているのでしょうか?
 
それには、過去生が大きく関係しています。
 
私たちは、この星に体を持って現れたのは、今生だけではないのです。
 
過去生でも体を持って現れて、光を生き、表現し分かち合うことで人々が本当の自分を思い出すことをサポートしようとしました。
 
しかし、古い時代において、まだまだ人類の意識は低く、光に目覚めることよりも眠り続けることを望む人の方が遥かに多い時代でした。
 
結果、私たちは、石を投げられたり、追放されたり、捕らえられたり、磔にされたり、処刑されたり、火炙りにされてしまったりしてしまいました。
 
 
 
 
 
 
そして、こう思ってしまったのです。
 
本当の自分を思い出して、それを生きるのは危険だ。
だから、本当の自分を表現してはいけない。
隠しておかなければならない。
そうでないと、危険な目に遇ってしまう。
 
 
 
 
 
そして、段々と
自分とは何なのか?
何のためにこの星にやって来たのか?
といったことも忘れてしまいした。
 
 
 
 
 
 
そうすることで、生き延びることはできました。
 
しかし、それでは私たちは満足できないのです。
 
なぜなら、本当の自分を忘れたまま、本当にやりたいことも忘れたまま、ただ生き延びるためにやって来た訳ではないからです。
 
だから、死んで体を離れた後、こう思うのです。
 
『しまった! また本当の自分を思い出すことを忘れてしまった。』
『そして、本当にやりたいこともやらないまま死んでしまった!』
 
そして、こう思うのです。
 
『今度こそ、本当の自分を思い出して、本当にやりたいことをやって、この星にやって来た目的を果たすぞ!!
 
そして、また生まれてきます。
 
 
 
 
 
 
しかし、転生を繰り返すほどに、感情と思い込みがさらに蓄積され、さらに本当の自分は内側深く覆い隠されてしまいました。
 
そして、転生を重ねるほどにより困難になり、より無意識になってしまっていました。
 
 
 
 
 
 
しかし、今や状況は違います。
 
降り注ぐ光は年々強まり、この星自体も次元が上昇しています。
 
今や、光を抑え込み、偽りの自己でいることの方が苦しみを生み出す時代になりました。
 
そして、人類の意識も上昇しています。
 
 
 
 
 
 
同時に私たちのハートの奥に在る本当の自分も現れようとしています。
 
ですから、本当の自分を覆い隠している感情や思い込みを癒して、本当の自分を生きても、以前のような目に遇うこともなくなりました。
 
逆に、今や多くの人が本当の自分を思いだし、それを生きることを望んでいます。
 
そして、私たちの集合意識だけでなく、宇宙も存在もそれを望みサポートしてくれています。
 
 
 
 
 
 
ですから、今こそ私たちは、本当の自分を覆い隠している感情や思い込みを癒し、本当の自分を思いだし、それを生きるときなのです。
 
そして、本当の自分(光) を生きることで、周りの人たちも本当の自分を思い出すことを助けることができます。
 
そして、その光の輪が拡がるとき、この星は本来の美しさを取り戻すことができます。
 
そして、私たちは、満足して、この星での転生を修了することができます。
 
その旅をご一緒できるのを楽しみにしております。
 
そして、共に人々が本当の自分を思いだしそれを生きることをサポートしましょう。
 
 
 
 
 
 

セッションを始めるようになった切っ掛け

 

2007年1月より、深く瞑想しました。

そして、内なる平安、安らぎ、静けさを発見しました。

 

しかしその後、激しい怒りと恐怖で大変になりました。

内なる平安・安らぎ・静けさと、外側の大変な現実。

そのどちらが本当なのか、わからなくなりました。

 

2008年8月31日、体が壊れて死にかけてしまいました。

 

「もう死んでもいい。」そう思いながらも、「なぜこうなったのか、その答えを知りたい。」「そうしないと来生もまた同じような目に遭ってしまう。」そう感じ、答を求めていろんな所へ行きました。

 

そして出会い救われたのが、サトルボディヒーリングでした。

 

 

 

 

 

 

自分自身を癒すために、トレーニングに入りました。

そして、自分で癒し復活しました。


その体験から、苦しんでいる人が苦しみから自由になり、満たされて幸せな本来の在り方に戻るサポートをしています。

 

あなたが今、どんなに苦しんでいたとしても、大丈夫です。 その1
https://ameblo.jp/devaambho/entry-12460287608.html

【感想】ハート禁煙は、禁断症状がほとんど無く、肥る事もありません。
https://ameblo.jp/devaambho/entry-12444890751.html

 

 

 

 

 

 
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの中に在る愛が輝きだし、満たされて幸せでありますように。
あなたの周りの人たちも、満たされて幸せでありますように。
いつも応援しています。
 

そして、その光の輪が拡がる時、この星は本来の豊かさや美しさを取り戻します。

一緒にそれを実現しませんか?

 
 

 

 
こちらの記事も合わせてどうぞ。

答は、自分自身の中に在る。

 

 

 

 あなたの現実は

あなたのエネルギーによって

作られています

 

結果である

現実を変えようとしても

うまく行きません

 

原因である

あなたのエネルギーが変われば、

現実は簡単に変わります

 

あなたも過去の傷や感情を癒して

満たされて幸せな

本来の自分に戻りませんか?

 

 

 

セッションに興味があるけど、
受けるかどうか迷う方は、
一度お電話でお話ししてみませんか。

 

 

 

本当の自分を覆い隠している感情を癒し、

愛に満たされて幸せな本来の自分に戻って行く。

お申込はこちら

 

 

 

本氣で変わりたい人へ

マインドのバージョンアップをして、

継続的に加速し進化していく

本気で変わりたい人のための継続セッション


 

 

偶数月には、東京に行きます。

首都圏の方、対面ヒーリングを受けるチャンスです。

東京出張ヒーリング 


 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ。

自分を変えるのではなく、本当の自分に戻る

 

 

■ヒーリングの感想
 
 
 
 
 
 
 
■ハートの錬金術
 

 

 

 

■恋愛・パートナーシップについて

 

 

    

 

 

 

初めての方へ ●メニュー ●お客様の感想 ●お客様の質問 ●ご予約・お問合わせ ●セルフケアについて ●プロフィール

 

 

 

全世界対応(電話/Skype/Zoom)

ヒーリングサロン ディヴァイン・ロータス
長崎県大村市
mail devaambho@hotmail.com  
tell 090-5768-7524   

(↑携帯でご覧の方は、クリックで電話をかけることが出来ます。)

 

 

 

サトルボディヒーリングはこれまで、

カナダ、北海道、岩手、仙台、栗原市、水戸、鹿島、神栖、常総、松戸、流山、千葉、野田、木更津、大宮、川越、栃木市、江戸川、台東、練馬、港区、品川、目黒、世田谷、杉並、三鷹、武蔵野、調布、府中、狛江、多摩、東村山、国立、立川、福生、羽村、小作、河辺、青梅、日ノ出町、名栗、青葉台、町田、横浜、川崎、横須賀、相模原、鎌倉、長野、名古屋、春日井、京都、大阪、神戸、兵庫、宝塚、奈良、三重、岡山、高知、今治、山口県、周南市、福岡、大宰府、長崎、諫早、佐世保、

などにお住まいの方たちに受けていただいております。